U.Ge Color

2020-2021向け U.Geカラー

「Theater」(シアター)

カラーパレット構成のコンセプト「U.Geの喜怒哀楽に色彩を与える」

インタビュー結果から抽出された「活力」「健康」「平和」「安心」「安全」を表す色、ジェネラルカラートレンドの一つである「人間らしさ」を表現する色として、人生経験を重ねて生まれる人としての「色気」を表現する色を加えカラーストーリーを構成することに決定した。カラーパレット構成の考え方について「U.Geの喜怒哀楽に色彩を与える」という意見が出された。これまで選定された色のコンセプトは「2018-2019年 豊かで尊厳ある高齢者像」→「2019-2020年 融通無碍で多彩な生活への期待」であることから、2020-2021年はU.Geの感情に着目してはどうかという意見である。この意見を受けて、全体テーマをさまざまな情感が行きかう「劇場」になぞらえ「Theater シアター」とした。カラーグループは「情熱」「風情」「激情」の3つのカラーグループが選定された。

過去の2回は、ライフスタイルを彩る衣と住の色を選定してきたが、今回は「食」の色も念頭に置いている。U.Geにとって「健康」であることは大前提であり、「食」はその「健康」を支えるものだからである。

情熱/溌溂とした情感
インタビュー結果から抽出した「活力」「健康」「明るさ」「透明感」を表現する。今後に実現したい時代のムードや自分たちの世代を表現する色として、最も多く挙げられていた、オレンジ系とグリーン系と、ジェネラルカラートレンドで長いトレンドになっているイエロー、2020年に注目したいレッド、アクセントカラーとしてブルーを加えて構成した。このカラーグループは、フレッシュな野菜や柑橘類を想像させる色調で展開した。

風情/穏やかな情感
「平和」「安心」「安全」「穏やかさ」「ゆっくりとした時間」を表現する、グレイッシュカラーに明るいイエローをアクセントに構成したカラーグループ。テラコッタに見られるブラウン、砂粒に見られるベージュ、オフホワイト、小石に見られる緑みを帯びたグレーなど、自然を感じさせる色調で構成している。これらの色は、クリーミーな滋養のあるスープを連想させる色でもある。インタビューの結果では60代男性に社会貢献意識が高いことから、リサイクル素材に見られる質感も念頭に置いて選定されている。

激情/複雑で割り切れない感情、生きることへの欲望
人生経験を重ねて生まれる人としての「色気」を表現するためのカラーグループ。中でも、ダークパープルとダークレッドに注目したい。これらの色は健康に良いとされるブルーベリーや赤ワインに含まれるポリフェノールを象徴する色でもある。細い面積の赤は、アクセントカラーとして用いる。右から二番目の黒に近い緑色は半透明のフィルムで、釉薬に見られる透明感を表現する。鈍く光る鉛色は、経年変化した金属に見られる色調も意識して選定されている。

過去のU.Ge選定カラー


Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association